NOT AUTHORITY, BUT ART. 〜常識に尻を向けろ。〜

更新情報

サプライブ! いとうせいこう

ito10

倉本美津留プロデュースのサプライズ・イベントが遂に幕を開けた。その記念すべき初着火地は猿楽神社前。「サプライブ、まもなく開演!」とのプラカードを掲げた倉本氏のもとにひとりの男が「おー!やってるねー!」と近づいてくる。彼こそが先発登板を託された人物・・・いとうせいこう氏だ!!二人は道行く人に「やるでー!」「「面白いことやるから、ついておいでー!」と語りかけながら蔦谷書店そばのケヤキ広場まで行進。いざ小高くなった場所に立つとせいこう氏のポエトリー・リーディングが始まった。あふれ出す言葉の泉。熱を帯びたラップの節回しが時に聴衆をヒリヒリと挑発し、リリックの深みが時に大河のようなおおらかさとなって胸を揺さぶる。中でも「ヒップホップの初期衝動」のくだりでは日本語ラップの創始者たる氏ならではの記憶が綴られ、そのがむしゃらで一途な魂の叫びに目頭を熱くする人も見受けられた。と、気づくと辺りは大勢の聴衆で埋め尽くされ、皆が瞬きもせずにその光景に見入っている。ラストのフレーズを言い放ったせいこう氏が「どうもありがとう!」とキメると、一斉に地を揺らすような拍手が送られた。(牛津厚信)