NOT AUTHORITY, BUT ART. 〜常識に尻を向けろ。〜

更新情報

サプライブ!板尾創路

itao7

時刻は正午。今日もどこからともなく倉本氏の「サプライブやりますよー!」という声が聴こえてくる。その隣を歩く今回のサプライズな登壇者は……板尾創路氏だ!!アロハテーブルから「代官山のみなさん、こんにちはー!」と伸びのある声で呼びかけた彼は倉本氏の掻き鳴らすギターに合わせ「砂渡し爺」という持ち歌を披露。要約すると砂かけ婆を愛するあまり彼女に砂を渡し続けずにいられない男の悲哀を歌ったものだ。このシュールな世界観に観客からはフレーズごとに笑いが起こるも、氏の淡々と歌い上げる表現力はいつしか妙な説得力を宿し始め、思いもよらない不可思議な感動へと昇華されていく。「暑苦しい歌ですねー。砂っていうだけでもう暑いですわ」と自嘲しつつ、続いてバラード曲「ホテル住まいの小学生」へ。これまた両手でマイクをしっかりと握り終始伏し目がちに歌い込む姿が印象的で、哀愁たっぷりのジンとくる楽曲に仕上がっていた。たった2曲ながら、照り返しの強い午後をものともしない板尾ワールドを堪能できる貴重な機会となった。(牛津厚信)