NOT AUTHORITY, BUT ART. 〜常識に尻を向けろ。〜

千葉正也

千葉正也

1980年、神奈川生まれ。主な個展に2011年「生きていたから見れた素晴らしい世界」シュウゴアーツ、主なグループ展に2009年「Twist and Shout」Bangkok Art and Culture Center、「福武ハウス in 越後妻有アートトリエンナーレ 2009」、「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」原美術館、2008-2010年「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」鹿児島県霧島アートの森など。千葉は、自作のオブジェを巧妙に組み合わせた状況を一旦現実に作り、時に既存の写真イメージと重ね描くことで、奇妙な視覚的心理的効果を生み出す。 http://shugoarts.com/

恐竜 Dinosaur

恐竜  Dinosaur

この車の運転席に座り15万キロくらい走ってからこの絵を描きました。時速50キロで走り続けたとして15万キロ走るには3000時間かかりました。この絵を描くには最低3000時間必要でした。ハンドルは俺の指で研磨されてピカピカになり、洗車を一度もしなかったので屋根の上には苔が生えました。日本国内のあらゆる道を走りました。カーステレオではあらゆるジャンルの音楽をかけましたし、同乗した友達や恋人とあらゆる会話をしました。助手席には沢山の人種の人間が座りました。この車を絵に描くというのは自分にとっては、大変な事でした。

会場

ヒルサイドフォーラム内