NOT AUTHORITY, BUT ART. 〜常識に尻を向けろ。〜

リリー・フランキー

リリー・フランキー

武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン学科卒業。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は、2006年本屋大賞を受賞し220万部を超えるベストセラーとなったほか、絵本『おでんくん』はアニメ化され性別世代を超えて幅広い人気を集めている。俳優としては、映画「ぐるりのこと。」「色即ぜねれいしょん」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「モテキ」、TVドラマ「コード・ブルー」(CX)「モテキ」(TX)、大河ドラマ「龍馬伝」(NHK)、 舞台「クレイジーハニー」(パルコ劇場)などに出演。

高橋幸宏+山本耀司 トークショー~常識を問う、ということ~

高橋幸宏+山本耀司 トークショー~常識を問う、ということ~

時代の常識を問い、自らの姿勢を貫くことが、次の時代の常識を作り上げる。音楽に新しい時代をもたらし続ける高橋幸宏氏と、ファッションに新しい時代をもたらし続ける山本耀司氏によるトークセッションを開催。それぞれの時代に、彼らは何を見つめ、何を疑い、何に背を向け、何を生み出し続けてきたのか。彼らの生きてきた姿、そして語る言葉ひとつひとつ、これからの時代を切り開くための刺激やヒントが隠されているに違いない。MCにリリー・フランキー氏が参加! 日々の思考に刺激を与えたい大人たちに、是非聞いていただきたい内容だ。入場料は無料。当日10:00から、ヒルサイドフォーラム内DASイベントカウンターにて、整理券を配布予定。
(※無くなり次第終了、定員60名)

8月24日 19:30〜20:30 トークショー開催

会場

ヒルサイドフォーラム内