NOT AUTHORITY, BUT ART. 〜常識に尻を向けろ。〜

イエス 花 死 生

イエス 花 死 生

舞踏家 故・大野一雄は1960年代に土方巽と共に「舞踏」を創り出し、過酷なまでに実験的に舞踏の映像化に尽力し、その出演作品は世界の舞踊史に残るいくつかの重要な映画となっている。
本作は大野一雄舞踏研究所研究生であった映像監督・丹下紘希により、「鬼にならなければ撮れないものがある」という覚悟のもと、2006年に16ミリで撮影された大野一雄・100歳の映画である。大野一雄の直筆によるタイトルの言葉。衰え、滅びゆく肉体。されど、大野一雄は舞う。覚醒と混沌。そのさなかに、私たちは103歳で亡くなった大野一雄の不屈の哲学を見るのである。

監督:丹下紘希
キャスト:大野一雄、大野慶人
© Canta/Yellow Brain

イエス 花 死 生

上映に合わせて、丹下紘希監督xヴィヴィアン佐藤氏
(美術家/ドラァグクイーン/文筆家)
トークショー開催!

※定員は150名までとなります。
※当日朝10時より、ヒルサイドフォーラム内DASインフォメーションカウンターにて、整理券をお配りします。(無くなり次第終了)
※整理券をお持ちになり、開始30分前までにご来場ください。

上映日時/場所

日時:8/22 18:00~

場所:ヒルサイドプラザホール